×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜きみも猫娘はかせになれる!〜
保存版・猫娘大図鑑

ネットでこういう画像をネタに水木好きの某氏と話していて、
「これの完全版作ってみよう」という話になる。
というわけでやってみた。原作・アニメそれぞれの猫娘を網羅してみた。
「『鬼太郎座/女禍』の猫娘がいないのはおかスィ」「貸本版の寝子もいれとくべきだろ」とか、
まあディープな反論は受け付けませんが異議は聞き入れます(あれ?)


アニメ版

アニメ第一期・猫娘(演/山口奈々)
 レギュラーではなく『第20話 猫娘とねずみ男』にのみ
ゲストキャラとして登場。「閻魔大王の命令で人を殺すと
ご褒美がもらえるのよ」とサラッと言ってのけるパンキッシュ猫娘。
アニメ第二期・猫娘(演/小串容子)
 二期にて猫娘はレギュラーキャラとなる。特徴はレトロな赤い
水玉のワンピース。よく見ると二重まぶたでもある。
アニメ第三期・猫娘(演/三田ゆう子)
 ここにきてヒロイン格に昇格された。頭身が高くなり、衣装は
原作を基準としている。
アニメ第四期・猫娘(演/西村ちなみ )
 目元と口元が強調され、より猫に近くなる。夢子が不在となり、
実質ヒロイン役に。
アニメ第五期・猫娘(演/今野宏美 )
 時代は変わった。猫娘も変わった。現代風なアレンジと八重歯が
特徴。キャンギャルや警備のバイトをする。


漫画


マガジン版・猫娘
 マガジン版で猫娘は正味『ねこ娘とねずみ男』の
一回しか登場しない。鬼太郎とは互いにちゃん付けで呼ぶ。
神社のそばに住んでいる。
サンデー版・猫子
 ルックスや名前こそ違うが、ねずみを見ると豹変する、鬼太郎に
友好的な所などを見て猫娘のバリエーションと見ていいだろう。
ほとんど見せ場なし。
ガロ版(貸本版)・寝子
 ガロ連載の『鬼太郎夜話』に登場。鬼太郎初恋の人。抜群の
ルックスと歌唱力で歌手となるも、にせ鬼太郎とねずみ男の
姦計で入水自殺。地獄にて『ねこ娘』と改名し、ひっそりと
暮らしている。
地上絵の秘密/野球狂の歌・猫娘
 『鬼太郎挑戦シリーズ・地上絵の秘密』と『スポーツ狂時代・
野球狂の歌』に登場した猫娘。ヘアスタイル以外は他の猫娘と
ほぼ同じ。見せ場ほぼなし。
最新版ゲゲゲの鬼太郎・猫娘
 コミックボンボンにて連載されたシリーズに登場した猫娘。
ヘアスタイルが刈り上げではなく普通のショートカットになっている。
その後のゲゲゲの鬼太郎・猫娘(女子大生)
 怪奇女子大学に通う。鬼太郎はほとんど彼女にヒモとして
食わせてもらうことに。ねずみ男を始末しようとし、返り討ちにあい消滅。


その他

第二期 『第22話 地獄の水』より・猫娘
 カップルの溢れる公園にて、まだ見ぬ恋人に思いをよせる猫娘。この目は……。
第四期『第89話 髪の毛地獄!ラクシャサ』より・成長した猫娘
 大人に憧れる猫娘がラクシャサの術にかかって。ねずみ男も
惚れる美人に。
第四期 『第101話 言霊使いの罠!』より・猫娘の正体
 一刻堂の術によって塗り壁は荒れた壁に、砂かけ婆は砂に、
猫娘は猫を抱えた少女に還元させられる。


。。。。。。。。。。

ほしの竜一版・猫娘
 ほしの竜一による『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する猫娘。ゴスロリ+長髪が
特徴。作者の趣味か。